相席中の会話で盛り上げるにはテンションの魔術師になる!

いぇーーーい!
SHINYAでーーーす!

ていうノリでアゲアゲになることも
多々ある僕です笑

基本的に酔っ払っていようがシラフだろうが
テンションは高めなことは自覚してます。

でも中にはこんなテンション高く出来ない、
もしくは無理に高くしたくない
なんて人もいることでしょう。

相席バーで女性と会話してる時なんかは
落ち着いてしっとりと話す方が良いと
感じる人もたくさんいます。


場は盛り上がってる方が良い

相席した女の子を即日ゲットしたい!
と思う男性は世の中に腐るほど
いると思いますが、相席中というのは
やっぱり盛り上がってる方が
お持ち帰れる確率は相対的に
高くなってきますよね。

ワンナイトラブをしたことがある子の
ほとんどは

酔った勢いで・・・

なんてパターンになってくると思います。

やっぱり人間酔っ払ってハイになっちゃうと
思いもよらない大胆な行動に
出るのは仕方のないことです。

そんなつもりはなくても、ついつい
過ちを犯してしまう生き物なんですね。

特にお酒に酔ってると思考回路が
停止してしまうので、
全然タイプじゃなくても格好良く見えて
しまったりなんてことも十分ありえます。

SHINYAもそんな女性は何人も見てきました。

 

お酒のチカラは偉大ではありますが

今みたいな相席居酒屋とか相席バーが
なかった時代でも、合コンとかクラブとかでは、
とにかく飲ませて酔わせるというのが
お持ち帰りへの特急チケットで常套手段です。

とは言え、なんとかサークルみたいに
半ば強姦のように無理矢理
ヤッてしまうのは絶対にやめましょう!

一時の快楽を求めて、人生を棒に振る
というのはナンセンス過ぎます笑

お酒のチカラを借りてお持ち帰り確立を
上げるというのは良いのですが、
適度に意識がある状態というのは
絶対に確認する必要があります。

それを踏まえた上でのお酒というのは
本当に偉大なチカラを持っています。

もう一つ気をつけなければならないのは、
急性アルコール中毒ですね。
毎年新入生歓迎コンパとかで
救急搬送される人や死亡事故
なんかも起きてますよね。

SHINYAくらいの歳になると、
そんなにバカみたいにイッキとかは
しないですけど、場が盛り上がってきたり、
ゲームなんかをやってたら
避けては通れない道でもあります。

イッキしたり、テキーラとか強い
お酒を飲むと酔うのも速いですし
お持ち帰りへのカウントダウンも
始まりますが、これに関しても
程々にすることをオススメします!


 

お酒以外の部分での会話で盛り上げるには?

お酒のチカラは借りつつも、
お持ち帰りのためにはやっぱり、
トークで場を盛り上げることも
必要になってきます。

超絶イケメンなら話は別ですが、
そうでないメンズの場合は
盛り上げるためには楽しい雰囲気を
作り出す必要があります。

そのためにテンションというのは
重要なファクターとなってきます。

ただし、テンションというのは
実は高すぎても低すぎても
良くはないんですね!

よく、張り切ってお持ち帰りする気満々!
な人たちが陥りがちなミスとして、
テンションを上げすぎて
空回りするということがあります。
勢いに任せて飲ませよう
という意図はわかるのですが、
テンションのコントロールというものが
できないと、中々お持ち帰りまでに
持っていくことは難しいと思います。


僕も超ハイテンションな会話というのは
もちろんするのですが、必ずしも
ずーっとそのテンションで
話しているワケではないです。

テンションについては、
心電図の波のように上がったり下がったり
することが必要
となってきます。

一番良くないのは常に同じテンションで
一直線
になってしまうことです。

テンションと同じように感情にも
起伏はあるので、上がったり下がったり
することによって心は揺れ動きます。
心が揺れ動かないと恋愛に発展したり、
お持ち帰りというのはありえません!

 

テンションのコントロールとは??

経験上。相席した序盤というのは
テンションを高くする方が良いと思います。
と言うのも、人の印象というのは
出会って数秒で決まってしまうからです。
最初は抑えめにしておいて、
後から盛り上げようと思っても
中々テンションを上げていく
というのは難しいですし、
女性陣も付いてこれないことが多いです。

そして、自分で思ってる以上に
高めにする必要があるんです!

自分では頑張ってテンションを
上げてるつもりでも、客観的に見てみると
そこまで上がってはいないものです。
これは友人などにも確認して
何度も検証してみたので間違いありません笑


相席をすると好みでなければ30分で
チェンジすることもありますが、
基本的は1時間とか2時間は
飲むことになるかと思います。

その60分なり120分の中でテンションは
常に変動させることが望ましいです。

最初はハイテンションで入って、
みんなの自己紹介などが終わったら、
一度落ち着いたトーンで会話をしてみる。
そして、一通り落ち着いた会話をした後は、
またテンションを上げてゲームを
してみたり、ゲームでの罰ゲームで
盛り上がったりしてみる。

このような流れで場を盛り上げていくと、
よりお持ち帰り率が上がる傾向にあります。

 

面白エピソードとか、鉄板トークというのは
持っていることに越したことはありませんが、
そういった武器も常に同じテンションで
進行していては威力も半減してしまいます!


合コンとか街コンみたいなパーティーであっても
同様のことが言えると思います。
相席してたり、話している時間が
短い長いに関わらず、その時間の中で
テンションのコントロールすることを
意識してみると、口説ける確率にも
変化が出てくるかも知れないですよー!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ