【衝撃の事実】相席系のお店に来る女子の30%以上は彼氏持ちってホント?

こんばんわ〜!
最近テレビのお笑い番組を見ていてブルゾンちえみが
うっかり良い女に見えてしまったSHINYAです笑

ご存知の通り毎度毎度JIS天神やら婚活パーティーやら
街コンなんかで女を漁っているので付き合ったり
ヤッたりとかは別にして女の友達みたいのは
相当な人数いたりします。

で、口説いてない女と色々ぶっちゃけトークしていると
驚愕の事実を知ることになったりします。

現在は全国的に相席居酒屋とかJIS福岡みたいな
合コンラウンジとがたくさんありますが
そんな場所に来ている

女性の30%くらいが実は彼氏持ちなんです!

純粋に出会いを求めている男性には耳が痛くなる話なので注意が必要です。

合コンバーみたいなお店に来る女性の本当の目的って?

どれくらいの男が知ってるかわかりませんが
JIS福岡や他の相席系のお店に来る女の子の目的はほぼ

タダ酒です!

酒飲む事が生き甲斐の女子ってけっこう多いですよね?

男以上に酒が強くてザルな子は何人もみたことがあります。
そんな大酒飲みな子は居酒屋の飲み放題なんかでも回数行けば
お金がいくらあっても足りません・・・
そんな酒豪女子たちがタダ酒目当てで飲みに来るのがJIS天神なのです!

あとは、職場や友人の普通の合コンなんかでは全くモテない
賞味期限が切れかかって焦っている女子とかですね・・・
まあ、普通に考えてろくな女の子がいないわけです笑

たまに可愛い子がいたとしても単なる暇つぶしとか
店員さん目当てとかが主な目的になってくると思います。

彼氏とのストレスを雑魚男でウサ晴らしww

JIS天神で相席した女性の中にはやたらそっけなくて
まったく会話のキャッチボールが出来ない子っていませんか?

「別に出会いとか求めてないし」

とか平気で言う女もいますよね・・・。
実はそんな女ってけっこうな確率で彼氏持ちだったりします。

そして彼氏に愛されなかったり上手くいってなくて
そのストレスを発散するためにタダ酒を飲みに来ているんです!

まあ、そもそも論で言って
タダ酒と憂さ晴らしのために相席系のお店に来る女
なんかハナっから大事にされるわけないのですが・・・笑

しかもモテ男にとっての都合の良い女レベルでしょうから
さぞかしストレスが溜まり誰かに憂さ晴らししないと耐えれないので
JIS天神に来るモテ無い雑魚男は良い発散相手になります。

そんな思考の女性というのは普段の満たされない気持ちを
八つ当たりすることによってなんとかメンタルを保つんです・・・

価値が無い彼氏持ちが相席居酒屋に来る

というわけで、もしかしたら素敵な出会いを夢見て
JIS福岡に行ってみようと考えている男性には悪いのですが
来ている女の子が30%くらいのは出会いを求めてません!!
 

これは面白いのですがもしJIS天神に行く機会があったら

「ぶっちゃけ男運ってどう?」

と聞いてみると良いです。

ほとんどの子が男運悪いです笑
それかダメ男に嵌ってしまい悲惨な目に合ってるのに

頑張ってる私可哀想!

という妄想癖があります笑

そもそもきちんとした恋愛をしているカップルであれば
多少のケンカとかはあっても、知らない男性と飲むという
相席バーみたいなお店には絶対に来ません!

結局は内面的に問題があり愛されずに憂さ晴らしのため
相席居酒屋や合コンラウンジに来てるんです!
そんなことしてるから永遠にまともな男に愛されない
負のループに嵌ってしまってるんですね・・・

相席ラウンジに行く男はさらにバカ!

こんなことを言うと反発が来そうなんですが
敢えて言わせてもらいます!

はっきり言って彼氏持ちなのに相席バーに来る女もバカですが
そんなバカ女を一生懸命に口説こうとして
相席バーに行く男はさらにバカ
です。

ちょいと言い方が悪いのですが、
例えばキャバクラで働らくホステスさんは店に来る客を
絶対に言わないだけで内心では【お金】とか【バカ】
だと思ってますしそれとあまり変わりません。

女性陣からしたらバカみたいに女のケツ追いかけて
相席ラウンジに行き高いお金を払い必死になって口説いて来る
男とかはぶっちゃけ言って無価値です!

30%くらい彼氏持ちで単なる憂さ晴らしなのに
そんな不毛なことをするがために並んだりまでして
お金落とすんですからバカとしか言いようがないです。

まあ、こんな偉そうに語ってるSHINYAも
かつてはそのバカの中心的な人物だったことは認めます笑
相席ラウンジというのにはかなりお金落としたので
SHINYAのような苦い経験をして欲しくない一心で毒舌で書きました。

もし、気分悪くなった方がいたなら謝ります!!

というわけで相席バーに行きたいと思っている方は
一度冷静に考えてみてください!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ